CONCERT

2020年4月定期公演の中止について(3/30更新)

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、2020年4月定期公演(3プログラム6公演)を、誠に残念ながらすべて中止させていただくことになりました。
公演を楽しみにされていたお客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

チケット代金の払い戻しにつきましては、4月中旬を目途に、チケットをご購入いただいたお客様宛てに、N響ガイドまたはお申し込み先の各プレイガイドからご案内させていただきます。お手元のチケットは大切に保管して下さいますようお願いいたします。

なお、各プログラムの1日目に限り、無観客での演奏を行います。その模様はNHK-FMで生放送、またEテレ「クラシック音楽館」で後日放送される予定です。

渡航制限の影響により、当初出演を予定していたレナード・スラットキン(指揮、全プログラム)、ブランフォード・マルサリス(サクソフォーン、Aプログラム)、レイ・チェン(ヴァイオリン、Bプログラム [3/30追記])は、来日できなくなりました。つきましては下記の通り出演者を変更させていただきます。新たな出演者につきましては各公演詳細ページをご覧ください。

Aプログラム 4月11日(土)6:00pm

Bプログラム 4月22日(水)7:00pm

Cプログラム 4月17日(金)7:00pm