ニュース

2022年1月25日

首席指揮者パーヴォ・ヤルヴィからのメッセージ

今回来日がかなわなかった首席指揮者パーヴォ・ヤルヴィから、日本のファンの皆様とN響メンバーに宛てたメッセージが届きました。

 

 


N響の首席指揮者として任期最後となる2月の演奏会のために日本へ渡航する予定でしたが、それがかなわないこととなり痛恨の極みです。この2年間ほとんど一緒に演奏できませんでしたから、私はこの演奏会をことのほか楽しみにしておりました。

 

新型コロナの世界的流行が始まって2月で2年ですが、我々が最後のヨーロッパツアーを行ってからもちょうど2年となります。私たちはヨーロッパ各地で予定されたすべての演奏会を滞りなく行い、楽員はコロナで国境が閉じられる前に日本へ無事帰国できたのですから、奇跡としかいいようがありません。私はこのことを生涯忘れないでしょう。東京で、そして世界のステージで私たちが共に成し遂げることができた数々の演奏を誇りに思っています。

 

そして素晴らしい音楽を共有していただき、皆様に感謝の言葉を贈ります。

 

パーヴォ・ヤルヴィ

 

 

It saddens me immensely to learn that I will not be able to join you in February for what would have been my last concerts with the NHK Symphony Orchestra as Chief Conductor. I was particularly looking forward to these concerts - especially after having had so little time with the orchestra in the last two years.

 

February marks not only the second anniversary of corona but also our last European tour together. It was something of a miracle that all of our performances went ahead and that the orchestra arrived safely back in Japan before covid shut down the borders. For that I remain eternally grateful - and proud of what we have achieved together on the world stages in Tokyo and beyond.

 

I send you all my best wishes and thanks for the wonderful musical experiences we have shared together.

 

Paavo Järvi