明電舎 presents N響名曲コンサート2020

2020年7月17日(金)開場 6:00pm 開演 7:00pm

NHKホール アクセス 

発売開始日

会員先行発売︓2020年2月26日(水)
一般発売︓2020年3月1日(日)

チケット購入・空席照会
  • エルガー/チェロ協奏曲 ホ短調 作品85
  • チャイコフスキー/交響曲 第6番 ロ短調 作品74「悲愴」
  • 指揮:クラウス・マケラ 指揮:クラウス・マケラ
    世界のオーケストラから注目される若き指揮者。1996年フィンランドに生まれ、シベリウス・アカデミーで指揮とチェロを学んだ。チェリストとして多くのオーケストラと共演し、指揮者としては10代の頃から国内で頭角を現した。2019-20シーズンには、NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団等でのデビューに加え、世界各地のオーケストラを指揮。スウェーデン放送交響楽団首席客演指揮者、タピオラ・シンフォニエッタのアーティスト・イン・アソシエーション、トゥルク音楽祭芸術監督を務めるほか、2020-21シーズンよりオスロ・フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者、アーティスティック・アドヴァイザーに就任。
  • チェロ:ソル・ガベッタチェロ:ソル・ガベッタ
    アルゼンチンに生まれ、チェロをマドリードのソフィア王妃高等音楽院、スイスのバーゼル市立音楽院で学んだ。近年数々の音楽祭にゲスト・アーティストとして出演しているほか、ラトル指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ドゥダメル指揮ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団、BBCプロムスオープニングでBBCフィルハーモニー管弦楽団と共演するなど、活躍の場を広げている。2019-20シーズンはドレスデンのアーティスト・イン・レジデンスに就任した他、バンベルク交響楽団のポートレート・アーティストを務める。また2020年2月~3月のNHK交響楽団ヨーロッパ公演ではソリストを務め、首席指揮者パーヴォ・ヤルヴィと共演。

珠玉の名曲の、真新しい魅力を味わう

心に沁みる珠玉のメロディ、胸をうつ分厚くパワフルなハーモニー。時代を越えて愛される名曲が、この夏、21世紀の音楽界を牽引する気鋭アーティストとNHK交響楽団の共演で届けられる。 指揮は、今世界から熱い注目を集める、1996年フィンランド生まれのクラウス・マケラ。20歳前半にして多くのオーケストラから声がかかる、超新星だ。 エルガーの《チェロ協奏曲》は、哀しくも美しい旋律を持ち、チェロという楽器ならではの甘く息の長い歌が堪能できるマスターピース。20世紀を生きた伝説のチェリスト、ジャグリーヌ・デュ・プレの名を世に知らしめた作品でもあるが、今回はソリストを、その人気と実力から「現代のジャグリーヌ・デュ・プレ」と呼ばれるソル・ガベッタが務める。指揮のマケラはチェリストでもあるので、作品を熟知した深い解釈に期待できそう。 そして後半は、ロシアの巨匠チャイコフスキーの手による最後の大作、《交響曲第6番「悲愴」》。作曲家の魂の叫び、繊細な精神を映し出す叙情的なメロディ、そしてロシアらしいスケール感が交錯するこの作品を、鋭敏な感性を持つ若き指揮者はどんな風に描きあげるのだろうか。 名曲の真新しい魅力を味わう時間に期待しよう。

(高坂はる香/音楽ライター)

チケット情報チケット購入・空席照会

発売開始日
2020年3月1日(日)10:00am [定期会員先行発売日:2020年2月26日(水)10:00am]

  SS席 S席 A席 B席 C席
一般 8,500円 6,500円 5,000円 3,500円 2,500円
ユースチケット 6,000円 5,000円 3,500円 2,500円 1,500円
  • ※定期会員は一般料金から10%割引
  • ※定期会員割引・先行発売は、WEBチケットN響、 N響ガイドのみの取り扱い
  • ※ユースチケットはN響ガイドのみの取り扱い(来場時に25歳以下の証明となるものをご提示いただきます)
  • ※車いす席についてはN響ガイドへお問い合わせください
  • ※開場前に屋内でお待ちいただくスペースはございません。ご了承ください

お問い合わせ・お申し込み:

N響ガイド TEL:03-5793-8161
WEBチケットN響

営業時間
その他の前売所

主催:NHK交響楽団

特別協賛: 株式会社明電舎

  • ※曲目・出演者・曲順等の変更の場合があります。あらかじめご了承ください。
  • ※未就学児のご入場はお断りしています。