NHK交響楽団
NHK Symphony Orchestra, Tokyo

 

ニュース

 

2018年7月10日

特別インタビュー|上野耕平(サクソフォーン)— N響ほっとコンサートに寄せて

2018年8月の「N響ほっとコンサート」で演奏されるミヨー《スカラムーシュ》のソリスト、上野耕平さんにサクソフォーンの魅力や同公演への抱負を語っていただきました。

 

 

――サクソフォーンの魅力を教えてください

 サクソフォーンの一番好きなところ、それはなんといっても表情の豊かさ、表現力のすごさかな、と思います。だからこの楽器って、いろんなジャンルに映えるんですよね。ジャズでも花咲きましたし、演歌にも出てくるし。クラシックでも、その表現力が最大の武器になるんです。

 特に今回演奏するミヨーの《スカラムーシュ》は茶目っ気があったり、ちょっと物悲しさがあったり、めちゃくちゃ楽しいサンバのリズムがでてきたり、ほんとうにこの楽器にぴったり。「ザ・サクソフォーン」な曲だなと思っています。楽しみにしてください。

 

――本番で使用される楽器は

 ミヨーの《スカラムーシュ》ではアルト・サクソフォーンを吹きます。サクソフォーンっていろいろ種類があって、家族が多い楽器なのですが、クラシックだとアルトが主流になっています。

 僕が使っている楽器は日本製のサクソフォーンです。中学1年生のときにこの音にほれて、この楽器にしてから、もう2本目かな。しかも金メッキの楽器で、実はちょっと高いんですが、今度演奏するNHKホールのように広いホールでも、これ一本で鳴らしきれるくらい響きが豊かな楽器です。

 弦楽器だと古い楽器は高額だったりもしますが、サクソフォーンは金属製なので、金属疲労を起こしてしだいに音がやせていってしまう。中には、むしろそれを好んで使われている方もいらっしゃいます。

 サクソフォーンは今日もどんどん機能性が高まって、音程がよくなったり、音色もよくなったり。今も進化を続けている楽器といえます。

 

 

――「ほっとコンサート」でソロを務める《スカラムーシュ》はどのような曲でしょうか?

 コンサートでよく演奏する曲で、「みなさん大好きな《スカラムーシュ》」という印象です。ピアノとの共演が一番多いですが、木管五重奏と一緒に演奏したり、吹奏楽ともやりました。オーケストラとは今年初めて演奏しまして、「ほっとコンサート」が2度目になります。

 この曲は3つの楽章に分かれていて、第1楽章はずっと冗談を言っているかのような、愉快な音楽。ピチカートが続くところなど、オーケストラの音も面白いです。サクソフォーンだけでなくオーケストラにも聴きどころが多いです。

 第2楽章はゆったりとして安心感のある、春の陽気のような優しい表情をもった楽章です。

 第3楽章はブラジルのサンバです。サクソフォーンならではの明るく陽気な表情が、いっそう聴き映えすると思います。

 本当に楽しい3曲からなる《スカラムーシュ》です。楽しみにしていてください。

 

――「ほっとコンサート」への抱負を教えてください

 先日の6月N響定期公演では、オーケストラの一員として演奏させていただきました。みなさんとてもあたたかく、演奏しやすくしてくれました。実際の演奏ではオーケストラのいたるところからすごい音が聴こえてきました。曲はカバレフスキーの《チェロ協奏曲第2番》でしたが、ソリストが違う色を出そうとするたびに、オーケストラはすべて付いていっていた。

 N響はチームワークが素晴らしいですよね。あたり前かもしれないけれど、あたり前のことが出来るすごさってあると思います。そんな素晴らしいオーケストラと今度はソリストとして共演できるのが楽しみです。

 

 

 

上野耕平(サクソフォーン)

上野耕平第28回日本管打楽器コンクール・サクソフォーン部門において、史上最年少で第1位ならびに特別大賞を受賞。学生時代にCDデビューを果たす。2014年第6回アドルフ・サックス国際コンクールにおいて、第2位を受賞。常に新たなプログラムにも挑戦し、サクソフォーンの可能性を最大限に伝えている。昭和音楽大学非常勤講師。The Rev Saxophone Quartet、ぱんだウインドオーケストラコンサートマスター。

 

 

 

 

2018年8月5日(日)3:00pm

夏休み特別公演|夏だ!祭りだ!! N響ほっとコンサート

NHKホール

 

ジョン・ウィリアムズ/映画「スター・ウォーズ 」― メイン・タイトル

ブリテン/青少年の管弦楽入門(パーセルの主題による変奏曲とフーガ/ナレーションつき)

ミヨー/スカラムーシュ*

ショスタコーヴィチ/交響曲 第10番 ホ短調 — 第2楽章

メシアン/「トゥランガリラ交響曲」— 第5楽章「星たちの血の喜び」

指揮:熊倉 優

サクソフォーン*:上野耕平

ナビゲーター・ナレーション:加藤綾子

 

 

 

 

N響について

ニュース・カテゴリー