NHK交響楽団
NHK Symphony Orchestra, Tokyo

 

ニュース

 

2017年2月22日

指揮者 スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ氏の訃報に接し

ポーランドの指揮者で、日本でも絶大な人気を誇ったスタニスラフ・スクロヴァチェフスキ氏が2017年2月21日(火)に、逝去されました。享年93。

 

N響との共演は1996年の初登場以来、7回を数え、得意とするブルックナーやベートーヴェンから、母国の作曲家パヌフニクまで多彩なレパートリーを披露。真摯に作品に立ち向かうその誠実な音楽作りは多くの共感を呼び、彼が指揮する公演では常に熱気があふれていました。N響公演の最後の指揮は、2011年12月のベートーヴェン「第9」演奏会でした。

謹んで御冥福をお祈りします。

 

NHK交響楽団

 

 

スクロヴァチェフスキ氏とN響の最後の共演から(2011年12月「第9」演奏会)

スクロヴァチェフスキ氏とN響の最後の共演から(2011年12月「第9」演奏会)

 

 

N響について

ニュース・カテゴリー