NHK交響楽団
NHK Symphony Orchestra, Tokyo

 

ニュース

2012年7月6日

パーヴォ・ヤルヴィ NHK交響楽団 首席指揮者に就任 ~2015/16シーズンから

公益財団法人NHK交響楽団(所在地:東京都港区、理事長:日向英実)は、2015年9月より欧米を中心に活躍するパーヴォ・ヤルヴィ氏を、首席指揮者に迎えることになりました。

現在ヤルヴィ氏は、パリ管弦楽団音楽監督、フランクフルト放送交響楽団音楽監督、ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団芸術監督を務めるほか、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ニューヨーク・フィルハーモニック、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、ドレスデン国立管弦楽団など、世界一流オーケストラに客演を続けています。

ヤルヴィ氏が、初めてNHK交響楽団のステージに立ったのは2002年1月のこと。定期公演3つのプログラムに登場して、バルトーク、プロコフィエフ、シベリウスなどを指揮。エネルギーを内に秘めながらも、細部に至るまでゆきとどいた感性で聴衆の心を掴み、センスにあふれた演奏を強く印象づけました。

ヤルヴィ氏との契約は2015年9月から3年間で、これに先立ち2015年2月には定期公演に出演。このほか海外公演も計画されており、N響の世界的評価を高めるものと期待されます。またテレビ、ラジオを通しても、数多くの音楽ファンのみなさまにヤルヴィ氏とN響との「新しい時代の幕開け」を感じとっていただければ幸いです。

 

  

 

パーヴォ・ヤルヴィ(指揮) 

パーヴォ・ヤルヴィ

©Ixi Chen

 

現在、パリ管弦楽団およびフランクフルト放送交響楽団音楽監督、ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団芸術監督。またベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ニューヨーク・フィルハーモニック、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団など、世界一流オーケストラにも客演を続けている。日本でも高い評価を得ており、2006年にはドイツ・カンマーフィルとの「ベートーヴェン交響曲全曲演奏会」での斬新な演奏が話題を呼んだ。

1962年、バルト3国の1つ、エストニアの首都タリンに生まれる。音楽の名門一家の出身で、父(ネーメ)と弟(クリスティアン)も世界的指揮者として名高い。

タリン音楽院で学んだ後、1980年家族で渡米。カーティス音楽院やロサンゼルス・フィルの指揮者講習会で、マックス・ルドルフやレナード・バーンスタインに師事。その後スウェーデンのマルメ交響楽団首席指揮者、ロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団およびバーミンガム市交響楽団首席客演指揮者、シンシナティ交響楽団音楽監督を歴任。

NHK交響楽団とはこれまでに2002年1月、2005年5月の2回にわたって共演。2015年9月、N響首席指揮者に就任予定。就任に先立って、2015年2月のN響定期公演を指揮する。

 

 

N響について

カテゴリー