ボロディン (1833 - 1887)

交響詩「中央アジアの草原で」

 時を経て創意や創作背景が陰に隠れてもタイトルと響きが雄弁に語る。アレクサンドル・ボロディンの《中央アジアの草原で》はそんな作品である。本職の化学者としての激務をこなしたボロディンが世に残した作品は少ないが、《中央アジアの草原で》はオペラ《イーゴリ公》と並び、圧倒的な人気を誇る。両作ともロシア国民楽派においてオリエンタリズムが話題となる際には必ず登場する輝かしい金字塔である。
 アレクサンドル2世の即位25周年にあたる1880年、記念行事の一環で、皇帝のそれまでの在位期間の偉業をいくつかの活人画(舞台背景の前で俳優たちが静止して画中の人物のように演じること)で上演する企画が持ち上がった。その舞台の付随音楽を依頼されたのが、リムスキー・コルサコフ、アントン・ルビンシテイン、チャイコフスキー、ムソルグスキー、キュイ、ボロディンらで、ボロディンが同年に完成させたのが《中央アジアの草原で》であった。
 ボロディンが依頼された活人画は、当時、凄烈(せいれつ)に進められた中央アジアへの領土拡大であった。1882年の初版楽譜には「音楽的絵画」というジャンル名とともに曲の構想(プログラム)が掲載されている。その内容は音楽で描かれている世界そのもの。
 広大な中央アジアの草原をロシアの民謡が響く。遠くから馬とラクダに荷物を積んだアジアのキャラバンが近づいて来て、東洋風の旋律が流れる。冒頭のロシア民謡の主題が徐々に力強く展開し、ロシア兵に護衛されながら歩を進める様子が描かれる。ふたたび東洋風の旋律が再現し、やがて二つの主題は合わさり、キャラバンは遠のいていく。
 ちなみにこの活人画の企画自体は流れてしまった。もし実現していたら、音楽の受容のされ方もまた変わっていたことだろう。なおタイトルの《中央アジアの草原で》は欧米や日本での通称で、原題は「中央アジアにて」である。

作曲年代:1880年
初演:1880年4月20日(旧ロシア暦4月8日)、リムスキー・コルサコフ指揮、歌手ダリア・レオノワの企画演奏会

(中田朱美)