シベリウス (1865 - 1957)

「サンデルス」作品28

 1898年に手掛けられた男声合唱と管弦楽のための即興曲で、ムントラ・ムシカンテル男声合唱団が開催した作曲コンクールの応募作である。コンクールでは見事に優勝を飾ったものの、残念ながら作品が普及することはなく、1915年に修正の手が加えられた。テクストは、スウェーデンの名将ヨハン・サンデルスのフィンランド戦争(1808~1809)における活躍を描いたヨハン・ルートヴィグ・ルネベルィの名作、『旗手ストールの物語』から得ている。全体の構成と曲調はテクストの情景描写にしたがい、「快活なサンデルスの様子」で軽やかに幕を開けた後、「ロシア軍との戦い」を経て力強い「勝利」へと導かれる。