ラフマニノフ (1873 - 1943)

ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 作品18

 セルゲイ・ラフマニノフはモスクワ音楽院のピアノ科と作曲科をともに首席で卒業している。順風満帆と思われたこの若き駿才の人生最初の大きな挫折は、1897年にサンクトペテルブルクで行われた《交響曲第1番》初演の不成功とその後の悪評であった。一連の出来事はラフマニノフにとって大きなトラウマとなり、作曲活動の足かせとなる。その後の約3年間、ラフマニノフは作品番号つきの曲を残していない。この間、歌劇場の指揮者として多忙な日々を過ごしたが、作曲の道を諦めたわけではなかった。小品を手がけながら、また1900年春に受けたモスクワの精神科医ニコライ・ダーリの催眠療法にも後押しされる形で、満を持して1901年にこの大規模な《ピアノ協奏曲第2番》を完成させた。
 曲はピアノの低声部に流れる鐘の音で静かに幕を開け、圧倒的な詩情、叙情性とともに全3楽章を疾走する。その背後には、作品全体にわたる抑揚の緻密(ちみつ)な連関が存在している。また第2楽章冒頭のコラール的な和音進行(サブドミナント→トニックのプラガル終止と半音階による和声進行)は、敬愛するチャイコフスキーが好んでよく用いた響き。先達からの伝統的技法によって作曲家自身のパトスが結晶化されたこの作品は、国内外の初演時から大成功を収め、以来、われわれの知る不動の人気を博している。

第1楽章 モデラート ハ短調 2/2拍子。鐘を模したピアノ・ソロの序奏に始まるソナタ形式。
第2楽章 アダージョ・ソステヌート ホ長調 4/4拍子。コラール的な和音進行の序奏に始まる3部形式。
第3楽章 アレグロ・スケルツァンド ハ短調(主部) 2/2拍子―ハ長調。どこかコミカルなリズムの導入部につづいて、炎のような第1主題、対照的に叙情的な第2主題が、ともに変奏されながらロンド風に展開する。

作曲年代:1900年~1901年4月
初演:1901年10月27日(旧ロシア暦)、作曲者自身のピアノ、アレクサンドル・ジロティ指揮、モスクワ・フィルハーモニー協会主催演奏会

(中田朱美)