NHK交響楽団
NHK Symphony Orchestra, Tokyo

 

楽員インタビュー

山根孝司

山根孝司

クラリネット

やまね・たかし

山口県出身。国立音楽大学、ベルギーのアントワープ王立音楽院およびリエージュ王立音楽院卒業。2005年9月1日入団。クラリネット奏者。昭和音楽大学、洗足学園音楽大学、および秋吉台現代音楽セミナーの講師として後進の指導にもあたっている。

 

自分を磨き続けたいですね

華恵

クラリネットとの出会いはいつですか?

 

山根

中学校の吹奏楽部です。

 

華恵

お好きなスポーツ部ではなく?

 

山根

まず柔道部に入ったんです。体育系と文化系の両方の部をやってかまわないという規則だったので、一緒に柔道部に入った友人から吹奏楽もやろうと誘われて入部しました。

 

華恵

では入部してすぐにクラリネットを?

 

山根

最初に柔道部を始めたので、吹奏楽部には2週間くらい遅れて入部したんです。そうしたらクラリネットしか余っていなかったんですよ。トロンボーンをやりたいって言ったんですけど、そんな楽器は余ってないって言われて。僕を柔道と吹奏楽に誘った同級生がクラリネットを希望していたので、「お前もそうしろよ」となりました。音楽とは関係ない仕事をしていた父ですけど、家でベニー・グッドマンを聴いたりしていましたから、クラリネットの音は聴いたことがあるなという程度でしたね。

 

華恵

吹奏楽部も柔道部も3年間続けたんですか?

 

山根

しばらくして柔道部から剣道部に移籍しました。そして剣道部と吹奏楽部の掛け持ちになったのですが、2年生になった時に吹奏楽部の方が面白くなって、剣道部の顧問の先生のところに辞めるつもりで行ったら「いや、練習には来なくていいから試合だけ出てくれ」と。部活外で剣道の道場にはずっと通っていたので、部活は実際には吹奏楽だけになりましたが、剣道部の試合には出ながらでした。

 

華恵

ケガなどの支障はなかったですか?

 

山根

今になって思えば、逆にいい効果がありました。精神的に強くなりましたね。集中力がついたし、うまくいかなかった時の切り替えの仕方を学んだり。

 

華恵

クラリネットを職業にしようと決めた時はいつですか。

 

山根

…分からないですね。職業にしたいとはずっと思っていましたけど、仕事は自分から作るというよりは周りから来るものなので、たまたま必要とされるようになったおかげでしょうか。

 

 

 

華恵

N響がプロとしてのスタートですか?

 

山根

大オーケストラに所属して演奏することは、初めてでした。ヨーロッパにいた頃にいろいろなオーケストラにエキストラとして演奏しましたが。41歳になって初めてオーケストラに入団しました。それまでは現代音楽専門の室内オーケストラで15年ほど活動していました。

 

華恵

現代音楽を演奏するのとN響でさまざまな時代の音楽を演奏するのとでは精神面は違いますか?

 

山根

まったく同じです。音楽に対しての気持ちはまったく変わらないです。現代音楽の場合は新しい曲を演奏する場合に楽譜が来ないとか特殊な経験はたくさんありましたが。音楽に対する姿勢はまったく同じです。

 

華恵

普段も現代音楽を聴かれますか?

 

山根

何でも聴きますが、ルネサンス時代の合唱曲が一番多いかな。 長くベルギーのアントワープという町に住んでいて、オーケストラよりも古楽のコンサートの方が多かったですし、近所の教会の演奏会に行くと古楽だったりしたせいでしょうか。今もよく聴きますね。

 

華恵

N響に入ってよかったことはどんなことでしょう?

 

山根

自分が伸びたような気がしますね。周りの方からいろいろ学びますね。一生学び続けるんじゃないですか。自分が到達したと思ったら終わり。そう思ったらやめるかもしれませんね。まだ未知なる世界があるから音楽を続けているのだと思います。

 

華恵

今後、演奏家としてどういう演奏をしたいですか?

 

山根

自分に常に正直に演奏したいですね。同時に、オーケストラは指揮者が持っている音楽観を再生する楽器であるべきだと考えてもいるので、柔軟でもありたい。演奏はこうでなければならないとは思わないので、指揮者によるいろいろな解釈を受け入れる気持ちはいつもあります。ただ自分のなかでの正しい基準もあるので、そういう意味で正直にいたいですね。

 

華恵

それを続けていきたいと思われているんですね。

 

山根

音楽は結果的に自分自身が出るものじゃないでしょうか。ですからもちろん楽器の練習をすることも大切でしょうけど、自分を磨き続けるしかないのでしょうね。

 

写真撮影 ― 藤本史昭

2013年7月取材 ※記事の内容およびプロフィールは取材当時のものです。

 

N響ライブラリー

華恵

聞き手

華恵

はなえ

1991年アメリカ生まれ。6歳から日本に住む。2003年、12歳で『小学生日記』を刊行し、エッセイストとしてデビュー。NHK BSプレミアム「世界遺産~一万年の叙事詩~」でのナビゲーター、連載エッセイなど、幅広く活躍中。現在、東京藝術大学音楽学部楽理科に在学中。