NHK交響楽団
NHK Symphony Orchestra, Tokyo

 

楽員インタビュー

本間達朗

本間達朗

コントラバス

ほんま・たつろう

北海道出身。桐朋学園大学卒業。卒業時、皇居内桃華楽堂にて御前演奏を行う。第7回日本演奏家コンクール第1位、第18回宝塚ベガ音楽コンクール弦楽器部門第3位受賞。これまでに藤澤光雄、西田直文の各氏に師事。2008年8月1日入団。コントラバス奏者。

 

奇を衒わない、いぶし銀のような存在になりたいです

黒崎

本間さんは、お声が低めなんですね。コントラバス奏者はみなさん低いんですか?

 

本間

そんなことはないです(笑)。

 

黒崎

声とコントラバスの音の低さが合っている感じがします。それだから低い音の楽器が好きになられたとか?

 

本間

昔からなぜか渋いものが好きですね。

 

黒崎

楽器との出会いは、ジャズがきっかけだったそうですね。

 

本間

最初に聴き始めたCDは、ジャズでした。

 

黒崎

そこから、オーケストラに興味が移ったきっかけは?

 

本間

ある日、ブラームスの《交響曲第2番》のCDを聴いたんです。出だしのコントラバスとチェロのユニゾンが本当にきれいなメロディで、北海道の広大な風景と重なり合って興奮しました!

 

黒崎

何歳ぐらいのときですか?

 

本間

中学1年のときです。オーケストラに入って、壮大な音楽を弾いてみたいなと思いました。

 

黒崎

最初に始めた楽器がコントラバスだったのですか?

 

本間

もともとジャズのベースをやりたくて始めたのですが、自然にクラシックに移っていきました。

 

黒崎

大きな楽器なので、演奏するのに体力が要りそうですね。重さはどのくらいありますか?

 

本間

10~15 キロくらいだと思います。N響の楽器は、普段自宅で使っている楽器と比べたらかなり大きいです。

 

黒崎

そんなに重いんですか!弾きながら、楽器の重みをどのように支えているのですか?

 

本間

いろんな構え方がありますが、僕は太腿の上あたりに裏板を寄りかからせて弾いています。

 

黒崎

あの低い音が身体に響くような感じですね。

 

本間

お腹のあたりにぐっときますね。聞いた話ですが、マンションで弾いたら、下の階の方には地震が起きたのかと思われるくらいの、すごい振動です。

 

黒崎

オーケストラの中でコントラバスは存在感がありますよね。奏者としてN響の特徴はどんなところにあると思われますか?

 

本間

N響は、どの楽器のサウンドもパワーがあるので、コントラバスは下でどっしりと支えなければなりません。入団してまだ3年ほどですが、最初の頃は、コントラバスでこんなにどっしりとした土台が作られるのかと驚きました。N響は、豊かな重厚感から、羽毛で触れるようなタッチの繊細さまで、表現の幅がつけられるオーケストラだと思っています。

 

黒崎

セクションごとで話し合ったりしますか?

 

本間

言葉よりも、実際に音を聴いて学んで身体で覚えることの方が多いですね。周りの気配を感じながら、毎日が研究です。N響に入団してすごいと思ったのは、それぞれの楽員が、指揮者やコンサートマスター、他のセクションとアンサンブルをしていることです。

 

黒崎

印象深い演奏会は?

 

本間

プレヴィンさんと初めてモーツァルトの交響曲を演奏したときは感動しました。音楽の流れが自然で、言葉がなくてもマエストロが醸かもし出す空気だけで音楽が出来てしまうような感じがしました。

 

黒崎

ところで休日は、どのように気分転換されていますか?

 

本間

キャンプですね。子供の頃から家族で出かけていました。

 

黒崎

テントを張って、アウトドア料理をしたり?

 

本間

唯一の趣味は、キャンプに行って燻くんせい製を作ることなんですよ(笑)。ベーコンを作る場合、下準備は1週間前から。塩分をなじませて漬つけ込こみに5日間、乾燥に1日かけます。チップで燻製を始めるのはそれからです。傍らのたき火を見ながら、熱いコーヒーを入れて、極力何も考えずに木の葉の囁ささやきや、遠くから聞こえる鳥のさえずりなど自然の音に耳を傾けているのが好きですね。

 

黒崎

渋いですね。職人気質な世界がお好きですか?

 

本間

大工さんがカンナを削るような雰囲気が好きです。奏者としても、奇を衒てらわない、いぶし銀のような存在になりたいですね。

 

文 ― 柴辻純子/ 写真撮影 ― 松井伴実
「フィルハーモニー」2012年5月号掲載 ※記事の内容及びプロフィールは取材当時のものです。

 

N響ライブラリー

黒崎めぐみ

聞き手

黒崎めぐみ

くろさき・めぐみ

NHKアナウンサー。神奈川県横浜市出身。東京大学卒業。1991年NHK入局。これまでに「紅白歌合戦」、「生活ほっとモーニング」、「世界びっくり旅行社」などの番組を担当。2006年、2007年、2009年にNHKホールで行われた「N響ほっとコンサート」では司会を務めた。2011年4月から2012年3月まで「N響アワー」に出演。趣味は舞台芸術鑑賞。