NHK交響楽団
NHK Symphony Orchestra, Tokyo

 

楽員インタビュー

中村弓子

中村弓子

ヴァイオリン

なかむら・ゆみこ

神奈川県出身。桐朋学園大学を卒業後、同大学室内楽研究科を修了。桐朋学園オーケストラのメンバーとしてカーネギーホール100周年コンサート、フランス・エヴィアン音楽祭など、海外での公演に参加。NHK-FMデビューリサイタル、FMコンサートに出演。1993年7月1日入団。第1ヴァイオリン奏者。N響楽団メンバーを中心とした室内楽コンサートにも出演している。

 

子供のころから合奏が好きで、いろんな楽器を楽しみました

黒崎

いつごろからヴァイオリンの道に進もうと決心されたのですか?

 

中村

小さいときから「将来はヴァイオリニストになりたい」と言っていたようですね。とにかく皆と演奏するのが楽しくて好きでした。小学4年生からリコーダー・アンサンブル部やコーラス部、鼓笛隊のスネア・ドラム、中学ではブラス・バンド部でクラリネット、そのかたわらフォーク・ギターで弾き語り……とあれこれやっていたところに、当時ヴァイオリンを習っていた先生から、音楽学校の受験を勧められ、専門の先生に就いて初めてヴァイオリンに集中しようと決心したんです。

 

黒崎

なんでもできるんですね。

 

中村

好きなんです。姉の影響でしょうか。よく真似したがったので。それに私はアンサンブルが大好きで、小さい頃から子ども番組の主題歌を聴くと、主旋律よりも伴奏のほうを覚えて歌っていたそうです。

 

黒崎

クラシックだけでなく、いろいろな音楽を聴いてこられたのですか?

 

中村

亡父が夜、必ず音楽をかけていました。今でもレコードがたくさんあります。モーツァルトのヴァイオリン協奏曲、ポール・モーリア、ラテン、ハワイアン……といろいろ流れていました。私が寝るときは、母がラジオの音楽番組をテープに録って流していました。グリーグのピアノ協奏曲から始まるんです。よく覚えています。母もヴァイオリンが好きで、今は地域のオーケストラで楽しんでいます。

 

黒崎

N響のすごさとはどんなところですか?

 

中村

演奏に向けてのエネルギーとその表現、それからアンサンブルがずれそうになったときの瞬間の反応がすばやいです。皆が顔を上げて瞬時に情報収集をするんです。

 

黒崎

後輩からはお手本として頼りにされているのでは?

 

中村

他のパートにも耳を傾けられるよう、準備は入念にとアドバイスしています。私もオーケストラで演奏を始めた頃、CDやスコアを頑張って集め勉強したりしました。

 

黒崎

特に印象に残っているマエストロはどなたですか?

 

中村

入団間もないころに出会ったサヴァリッシュさんは怖かったですね(笑)。《田園》や《運命》などよく知っている曲なのにすごい集中力で魔術のような棒さばきに圧倒されました。フルネさんでのサン・サーンス《交響曲第3番「オルガン付き」》、プレヴィンさんでジュリー・アンドリュースさんを迎えたときに音楽の中に引き込まれたことも覚えています。最近ではメータさんとの《第9》が印象に残っています。

 

黒崎

お子さんはおいくつになられたのですか?

 

中村

今年、小学校に入学しました。

 

黒崎

アナウンサーも同じですが、子どものいる方はいったいどうやってご自分の時間を確保されているのだろうかと常々感心しています。

 

中村

1日30時間あったらいいのにな、とよく思います(笑)。家族が寝てから楽器を出したり、朝は5時に起きて夕食の準備をして仕事に出かけたりしているので、ホッとできるのは通勤電車くらいです(笑)。

 

黒崎

お嬢さんにヴァイオリンは?

 

中村

先日、学校の作文に「みんなが音楽を好きになってくれるバイオリニストになりたいです」と書いていたようですが、どうでしょうかね。好きではいてほしいですね。

 

黒崎

お嬢さんは定期公演にいらしたことがあるのですか?

 

中村

室内楽などは聴きにきたことがありますが、定期公演はまだですね。夏のほっとコンサートは、客席で聴いていました。

 

黒崎

会場でご主人とお嬢さんにお会いできるのを楽しみにしています。

 

中村

これからも、良い演奏ができるよう、頑張りたいと思います。

 

文 ― 猪上杉子/ 写真撮影 ― 松井伴実
「フィルハーモニー」2011年11月号掲載 ※記事の内容及びプロフィールは取材当時のものです。

 

N響ライブラリー

黒崎めぐみ

聞き手

黒崎めぐみ

くろさき・めぐみ

NHKアナウンサー。神奈川県横浜市出身。東京大学卒業。1991年NHK入局。これまでに「紅白歌合戦」、「生活ほっとモーニング」、「世界びっくり旅行社」などの番組を担当。2006年、2007年、2009年にNHKホールで行われた「N響ほっとコンサート」では司会を務めた。2011年4月から2012年3月まで「N響アワー」に出演。趣味は舞台芸術鑑賞。