NHK交響楽団
NHK Symphony Orchestra, Tokyo

 

楽員インタビュー

降旗貴雄

降旗貴雄

ヴァイオリン

ふりはた・たかお

長野県出身。東京藝術大学附属音楽高等学校を経て同大学卒業。第10回日本クラシック音楽コンクールにおいて一般部門最高位を受賞。 これまでに澤和樹、大関博明、若林暢、ヤン・ソンシク、田中千香士、堀正文、篠崎史紀の各氏に師事。2008年1月1日入団。第1ヴァイオリン奏者。現在、GEN室内管弦楽団やピアニストとのDuo「コントラスツ」で、各地で精力的に演奏活動をしている。

 

地域での演奏は、かなりの数の引き出しを持っていないといけません

黒崎

印象に残っている演奏会はありますか。

 

降旗

ネルロ・サンティさんの大ファンなんです。《アイーダ》も《ボエーム》も立候補して全部出たいとお願いしています。

 

黒崎

憧れのマエストロはどんな方でしたか。

 

降旗

サンティさんは全部暗譜で振られるんです。最初に歌手も合唱もなしでオーケストラだけで練習したとき、指揮台にスコアは乗っていましたけど閉じたままで、全部のパートを暗譜で歌われていました。それを目の前で見て、才能も音楽性も抜群なのは当然として、知識と努力のすごさに圧倒されました。嬉しかったのは、サンティさんが僕の楽器を弾かれたことがあったんです。朝早く練習していたらマエストロがいらしたので、「ここはどうやって弾くんですか」と聞いたら、「楽器を貸してごらん」と。全部の楽器を弾かれることは知っていたんですけど、まさか自分の楽器を尊敬するマエストロに弾いていただけるなんて思いもしませんでした。

 

黒崎

どんな音色でした?

 

降旗

太い音で、恰幅の良い体格からヴァイオリン弾きも真っ青の音を出されていました。

 

黒崎

では、お好きな作曲家は?

 

降旗

マーラーが作曲家の中で一番好きです。昨年、一昨年とマーラーの作品が続いて幸せでした。

 

黒崎

お母様はヴァイオリンの先生でいらっしゃるんですよね。

 

降旗

今でも現役で教えています。2歳半からヴァイオリンを弾いていますが、親子関係がうまくいかなくなるからと(笑)、母から教わることはありませんでした。

 

黒崎

それから一途にヴァイオリンですか。

 

降旗

もちろん他の子供のように、プロ野球選手になりたいとか、いくつかの夢を経ています。ヴァイオリンの練習は嫌いで、レッスンも嫌でしたけど、やはり音楽は自然に生活の中にありました。

 

黒崎

そういえば板前を目指していたこともあったとか。

 

降旗

藝大の附属高校の入試に落ちたら板前の修業に出ると決めていました。言ったら聞かない性格なので、両親も好きにしなさいと言ってくれました。料理人への憧れは最後までありましたね。

 

黒崎

オーケストラの活動以外で大事にされていることは?

 

降旗

3年ほど前から高校の同級生とデュオを組んでいます。ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタを全曲弾こうと、半分まできたところです。もうひとつは、ボランティアで実家の地域の幼稚園や病院をまわって演奏しています。

 

黒崎

それは大きな経験ですね。

 

降旗

聴いてくれる方が聴きたい曲は自分たちが弾きたい曲とは全然違ったりもするので、かなりの数の引き出しを持ってないといけないので大変です。でも音がよかったとか、ピアノがステキだったとか言ってもらえるのは嬉しいですし、少しでも音楽に興味を持ってくれたらと励みになりますね。

 

黒崎

突然ですが、N響に野球部があるんですか?聞いてびっくりしました。

 

降旗

今は活動できていませんが、以前、東京ドームで試合をしたことがあります。

 

黒崎

すごい!ポジションは?

 

降旗

キャッチャーです。

 

黒崎

エースは誰だったのですか?

 

降旗

ヴァイオリンの丹羽さんはじめ何人かいました。丹羽さんは藝大の同期で、普段も一緒に行動することが多いですね。

 

黒崎

同級生が同じオーケストラにいるのはどんな感じですか。

 

降旗

音楽以外の話もできますし、演奏旅行で地方に移動のときもお互い気を遣わず、楽ですね。

 

黒崎

旅はお好きですか?

 

降旗

好きですね。定期演奏会も好きですけど、現実生活から離れると、リラックスして楽器が弾けたりします。昨年ついに、47都道府県を演奏旅行で制覇しました(笑)。

 

文 ― 柴辻純子/ 写真撮影 ― 笠井佳江

「フィルハーモニー」2012年2月号掲載 ※記事の内容及びプロフィールは取材当時のものです。

 

N響ライブラリー

黒崎めぐみ

聞き手

黒崎めぐみ

くろさき・めぐみ

NHKアナウンサー。神奈川県横浜市出身。東京大学卒業。1991年NHK入局。これまでに「紅白歌合戦」、「生活ほっとモーニング」、「世界びっくり旅行社」などの番組を担当。2006年、2007年、2009年にNHKホールで行われた「N響ほっとコンサート」では司会を務めた。2011年4月から2012年3月まで「N響アワー」に出演。趣味は舞台芸術鑑賞。