NHK交響楽団
NHK Symphony Orchestra, Tokyo

 

ベートーヴェン「第9」演奏会

1939年、ポーランドのワルシャワに生まれ、ドイツで学んだ。ドルトムント歌劇場の音楽総監督就任中にオペラ指揮者として注目を集め、以後、主要歌劇場へ次々と客演。1990年代以降は集中的にドイツの交響曲のレパートリーに取り組んで高い評価を得た。また、フランス放送フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督、ケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団、ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者などを歴任。2002~2016年のベルリン放送交響楽団芸術監督在任中には、演奏会形式によるワーグナーのオペラ・チクルスを成功させ、2016年、2017年にはバイロイト音楽祭でもワーグナー《指環》チクルスを指揮している。NHK交響楽団とは1985年以来共演を重ね、近年では2014年から4年間にわたって行われた、東京・春・音楽祭における《指環》チクルスが話題となった。

 

※本公演は休憩がございません。開演後はお席にお着きいただけませんので、あらかじめご了承ください。

聴きどころ

ピリ辛だが温かい――
円熟の巨匠ヤノフスキの《第9》に期待

ワーク・イン・プログレス。プロフェッショナルが現場の実践を積み重ね、さらなる技の高みを究める姿を意味する言葉は、指揮者マレク・ヤノフスキ(1939年2月18日生まれ)の歩みにぴったりだ。ケルン音楽大学での指揮の先生は、長くNHK交響楽団名誉指揮者を務め、日本の音楽ファンに愛されたウォルフガング・サヴァリッシュ。プロのキャリアのスタートはヘルベルト・フォン・カラヤンと同じくアーヘン歌劇場……。ヤノフスキは往年のドイツで指揮者を育てる王道とされたオペラのカペルマイスター(楽長)の道を着実に歩み、マエストロ(巨匠)まで上り詰めた最後の世代に属する。
中でもワーグナーの楽劇、とりわけ《ニーベルングの指環》(リング)4部作は絶えず、ワーク・イン・プログレスの核にあった。日本人の視界には先ず、かつての東西ドイツと日本のレコード会社が共同制作したシュターツカペレ・ドレスデン(ドレスデン国立歌劇場管弦楽団)との全曲盤(1980-83年)の指揮者として現れた。2014-17年には東京・春・音楽祭の《リング》の指揮者に招かれ、東京文化会館での演奏会形式上演をN響とともに完走した。
ワーグナーに比べると、ベートーヴェンへの献身は控えめに映るかもしれない。だが1995-96年にピアノのゲアハルト・オピッツ、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団と録音したピアノ協奏曲全集、あるいは2017年11月のN響定期の《交響曲第3番「英雄」》などに接した人であれば、ワーグナーに負けず劣らず素晴らしいことを知っている。特に2016年9月、ベルリン放送交響楽団とライヴ収録した《荘厳ミサ曲》のディスクは、持ち味のピリッと引き締まった造型をそのままに、多くの人々を無条件の愛情で温かく包み込む器の大きさで、円熟をはっきりと印象づけた。「願わくは心より出でて、心に還らんことを」。ベートーヴェンが同曲に記した言葉はそのまま、《交響曲第9番「合唱つき」》のヒューマニズムに連なる。今年の暮れはヤノフスキとN響の《第9》にゆったりと身を委ね、新しい年への英気を養いたい。

池田卓夫(音楽ジャーナリスト)

 
PC

チケット情報

発売開始日
2018年9月30日(日)10:00am [定期会員先行発売日:2018年9月19日(水)10:00am]

  S席 A席 B席 C席 D席
一般 15,000円 12,000円 9,000円 6,500円 4,500円
  S席 A席 B席 C席 D席
ユースチケット - - - 4,500円 2,500円

座席表    座席から見たステージ

※定期会員は一般料金から各席10%割引
※定期会員割引・先行発売はWEBチケットN響およびN響ガイドのみの取り扱い
ユースチケットはN響ガイドのみの取り扱い(来場時に25歳以下の証明となるものをご提示いただきます)
※車いす席をご希望の方は、N響ガイドへお問い合わせください
※開場前に屋内でお待ちいただくスペースはございません。ご了承ください。

主催:NHK / NHK交響楽団

 

協賛:みずほ証券株式会社 / はごろもフーズ株式会社 / 花王株式会社 / JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社 / 株式会社明電舎

 

※曲目・出演者・曲順等の変更の場合があります。あらかじめご了承ください。

※未就学児のご入場はお断りしています。

コンサート

このコンサートの放送予定

 

資料請求

コンサートスケジュールや、定期会員のご案内をご覧いただけるパンフレットを、無料でお送りします。