NHK交響楽団
NHK Symphony Orchestra, Tokyo

 

かんぽ生命 presents N響第九 Special Concert

国際的なピアニストとしてキャリアを重ねながら、1972年から指揮者として活動を開始。バロック、古典、ロマンにとどまらず、ベルク、グラスにアダムズなどの近現代作曲家の作品に至る幅広いレパートリーを誇り、その個性的なアプローチは“鬼才”と評される。1993年にはピアニスト・指揮者として重ねてきた偉大な功績に対してドイツのヴァイツゼッカー大統領から連邦功労十字章を贈られ、同年には「レナード・バーンスタイン賞」も受賞。ヒューストン交響楽団、チューリヒ・トーンハレ管弦楽団、ハンブルク北ドイツ放送交響楽団、パリ管弦楽団、フィラデルフィア管弦楽団、ワシントン・ナショナル交響楽団などの要職を歴任。メトロポリタン歌劇場やヒューストン・グランド・オペラなど世界中の主要歌劇場にも定期的に招かれている。

 

 

聴きどころ

「第九」―― 現代を生きる私たちへの大切なメッセージ

年末の恒例行事ともいえる《第九》の演奏会。ここまで長きにわたり多くの人々に愛されるのは、大迫力のオーケストラと合唱や独唱者、さらにはホールに訪れた聴衆までもが一体となって「喜び」を享受できるからではないでしょうか。弦楽器の溶け合うような響きや管楽器の力強いメロディ、打楽器が大迫力で刻むリズムなど、オーケストラの音色を最大限に感じられるのも魅力的です。やはり注目は第4楽章の〈歓喜の歌〉ですが、第1楽章から第3楽章にもその予告ともいえる旋律や音型が巧妙に張り巡らされており、これを意識しながら聴くことで、ベートーヴェンが遺した「苦悩から歓喜に至れ」というメッセージがリアルな感覚を持って伝わってきます。
指揮は、ドイツを代表する世界的なピアニスト・指揮者としてベートーヴェンに深く向き合ってきたクリストフ・エッシェンバッハ。圧倒的な集中力と深いロマンティシズム、スケールの大きい音楽づくりによって作品の本質に迫る彼が牽引する《第九》は、力強く作曲家の意思や想いを描き出していくことでしょう。
今回は《第九》の前に勝山雅世のオルガン・ソロによるバッハ演奏も行われます。愛に満ちた祈りの作品を、サントリーホールの世界最大級のオルガンの響きでお楽しみいただけば、耳と心が開かれ、第九に描かれた希望や愛の世界をより深く体験して頂けるはずです。《第九》には、不安定な世界情勢にあり、人と人とのつながりを改めて意識しなくてはならない私たちが受け取るべきメッセージが詰まっています。

長井進之介(音楽ライター)

 
PC

チケット情報

発売開始日
2017年10月3日(火)10:00am [定期会員先行発売日:2017年9月20日(水)10:00am]

  S席 A席 B席 C席
一般 17,500円 14,500円 11,500円 8,000円
  S席 A席 B席 C席
ユースチケット - - - 6,000円

座席表    座席から見たステージ

※定期会員は一般料金から各席10%割引
※定期会員割引・先行発売はWEBチケットN響およびN響ガイドのみの取り扱い
ユースチケットはN響ガイドのみの取り扱い。来場時に25歳以下の証明となるものをご提示いただきます
※車いす席をご希望の方は、N響ガイドへお問い合わせください

主催:NHK交響楽団

 

特別協賛:

株式会社かんぽ生命保険

 

※曲目・出演者・曲順等の変更の場合があります。あらかじめご了承ください。

※未就学児のご入場はお断りしています。

コンサート

資料請求

コンサートスケジュールや、定期会員のご案内をご覧いただけるパンフレットを、無料でお送りします。