NHK交響楽団
NHK Symphony Orchestra, Tokyo

 

アットホーム presents N響 Special Concert

フィンランド出身。その才能が現在世界中で注目を集めている。ヘルシンキ・フィルの首席指揮者、BBCフィルの首席客演指揮者、ラップランド室内オーケストラの芸術監督。元々は、エサ・ペッカ・サロネンが首席指揮者を務めていたスウェーデン放送響のコンサートマスターをしていたが、その後指揮に転向。北欧以外でも、バイエルン放送響、フランス放送フィル、ボストン響などと共演。昨夏にはBBCプロムスにも登場。

 

 

夏の夕べを彩るクラシックの響き

 夏といえば花火大会、海水浴、キャンプにバーベキューなど、アウトドアのレジャーが多い季節。また都心にいても「バカンス」の気分が味わえる催しが開かれています。そんな夏の楽しみのひとつに、クラシックのコンサートを加えてみてはいかがでしょうか。開放的な夏こそ、新しいことにチャレンジしてみるのにはうってつけの季節。アットホーム presents N響 Special Concertならば、クラシックにあまり馴染みがない方でも、気軽にその魅力を味わうことができます。
 プログラムは、ベートーヴェン作曲の3曲。「楽聖」と呼ばれ、クラシック音楽の頂点に位置する作曲家ですが、実は聴いてみると意外にキャッチーなメロディが耳に残る曲が多いのです。冒頭の「ジャジャジャジャーン」が有名な《交響曲第5番「運命」》は、曲のそこかしこにそのフレーズが散りばめられていて、とてもエキサイティングな1曲。日本を代表するオーケストラN響の演奏で、ぜひ最後まで聴いてみて、曲の面白さをみつけてみてください。
 同じくベートーヴェンが書いた《ピアノ協奏曲第3番》は、ピアノとオーケストラのかけ合いが聴きどころです。今回ピアノを弾くのは、若い世代を代表するピアニストとして国内外で大人気のアリス・紗良・オット。たぐいまれなテクニックと豊かな表現力、そして何よりも若々しい感性で聴き手を魅了する彼女は、まさに今が旬のピアニストです。それほど長くはない曲ですので、気構えずに曲の美しさを堪能できるでしょう。
 どうぞご家族やカップルで、都心・赤坂に位置するサントリーホールに足を運んでみてください。爽やかなクラシックの響きが素敵な夏の夕べを彩ってくれることでしょう。

室田尚子(音楽評論家)

 

チケット情報

  S席 A席 B席 C席
一般 8,000円 7,000円 6,000円 5,000円
  S席 A席 B席 C席
ユースチケット 6,000円 5,000円 4,000円 3,000円

座席表    座席から見たステージ

※定期会員は一般料金から1,000円割引
ユースチケットのお取り扱いはN響ガイドのみ(来場時に25歳以下の証明となるものをご提示いただきます)
※定期会員割引・先行発売はN響ガイドおよびWEBチケットN響のみ

主催:NHK交響楽団

 

特別協賛:

 

※曲目・出演者・曲順等の変更の場合があります。あらかじめご了承ください。

※未就学児のご入場はお断りしています。

コンサート

資料請求

コンサートスケジュールや、定期会員のご案内をご覧いただけるパンフレットを、無料でお送りします。