NHK交響楽団
NHK Symphony Orchestra, Tokyo

 

Music Tomorrow 2014

1955年生まれ。広島交響楽団音楽監督・常任指揮者、新日本フィルハーモニー交響楽団正指揮者、大阪センチュリー交響楽団常任指揮者、群馬交響楽団音楽監督、札幌交響楽団正指揮者などを歴任。2014年4月には、京都市交響楽団常任首席客演指揮者に就任。2013年2月にサンクトペテルブルグ・フィルハーモニー交響楽団定期演奏会に出演するなど、海外への客演も多い。オペラでも新国立劇場公演《夕鶴》を指揮するなど、作曲家やソリストからも大きな信頼を得ている。現在、東京藝術大学音楽学部指揮科招聘教授。N響とは1988年の初指揮以来、数多く共演を重ねている。

 

※6:45pmよりプレトークがございます。

音による祈りと思索、三者三様


第62回尾高賞が、猿谷紀郎(1960-)の交響詩《浄闇の祈り2673》と細川俊夫(1955-)のトランペット協奏曲《霧の中で》に決定した。猿谷はアメリカで、細川はドイツで学び、それぞれ日本と海外を軸に活動している国際的な作曲家である。加えて委嘱作品が世界初演される権代敦彦(1965-)は、ドイツとフランスで学び、2人同様、国際的評価を得た作曲家。この5歳違いの3人に共通するのは、西洋の影響を日本ないしは広くアジアという視点も含めながら創作の場に活かし、世界に向けて音を生みだし続けていることだ。


猿谷の《浄闇の祈り2673》は、第62回伊勢神宮式年遷宮奉祝曲として作曲され、神や伊勢の神秘的な自然を畏怖の念をもって交響詩に織り込んでいる。風を感じ、聞こえざる音、声に耳を澄まし感応する作曲者の創造世界がそこにある。一方、細川のヘッセの詩をタイトルにもつ《霧の中で》は、サントリーホールと北ドイツ放送交響楽団の共同委嘱作品。シャーマンになぞらえられた孤独にさまようトランペットの声が、生生流転を続けるオーケストラ(自然・宇宙)の音の風景のなかで戦(おのの)き、苦悶し、そして最後には取り巻く世界の一部となって、沈黙へと帰っていく。


2つの作品は、祈りという共通のテーマがある。もちろん、権代もカトリック信仰に基づいた祈りと思索の作曲家である。祈りとは音楽の根源的な問いかけでもあるだろう。今年の「Music Tomorrow 2014」は、三者三様の音による祈りと思索を聴くことができるはずだ。

三橋圭介(音楽評論家)

作曲家プロフィール

作曲:権代敦彦

 

1965年生まれ。少年時代にメシアンとバッハの影響で作曲をはじめ、この頃、キリスト教文化に触れ、高校卒業後にカトリックの洗礼を受ける。桐朋学園大学音楽学部作曲科を経て、1990年同大学研究科修了後、DAAD(ドイツ学術交流会)奨学生として、フライブルク音楽大学現代音楽研究所に留学。1991年より(1992年からは文化庁派遣芸術家在外研修員として)パリ・IRCAM(フランス国立音響音楽研究所)でコンピュータ音楽を学ぶ。イタリアの「ブッキ国際作曲コンクール」第1位をはじめとして数々の賞を受賞。昨年、サントリー芸術財団「作曲家の個展」で作品が特集された。

作曲:細川俊夫

 

1955年生まれ。1976年から10年間ドイツ留学。ユン・イサン、クラウス・フーバーに師事。1980年のダルムシュタット夏期現代音楽講習会以降、ヨーロッパでの評価を確実にし、日本を代表する国際的な作曲家として活動。ザルツブルク音楽祭、ベルリン・フィルなどの委嘱をはじめ、ゲルギエフ、ラトルなどの指揮者によって作品が取り上げられる。現在、武生国際音楽祭音楽監督、東京音楽大学およびエリザベト音楽大学客員教授。2013年、《夢を織る》で「英国作曲家賞」を受賞。今回の尾高賞受賞は《オーケストラのための「遠景」I》(1989年受賞)《ハープ協奏曲「回帰」》(2002年受賞)に続き3回目。

作曲:猿谷紀郎

 

1960年生まれ。慶應義塾大学卒業後、ジュリアード音楽院作曲科に留学、1987年に大学院を修了。パーシケッティ、ヘンツェ、ナッセンに師事。1992年にサントリーホール「国際作曲委嘱シリーズ」で、ヘンツェの推薦により《Fiber of the Breath(息の綾)》が演奏されて話題となり、翌年「芥川作曲賞」「出光音楽賞」を受賞。1995年には《ゆららおりみだり》で初の「尾高賞」を受賞。これまでにタングルウッドやアルスフェルトなどの音楽祭からの招待や、クーセヴィツキー音楽財団フェローシップ賞などを受賞し、国際的に注目を集める。今回の尾高賞受賞は《ここに慰めはない》(2006年受賞)に続き3回目。

 

チケット情報

S席 A席 自由席
一般 5,000円 3,000円 1,000円
ユースチケット 2,500円 1,500円 -
グループチケット 4,000円 - -
残席情報 終了 終了 終了

座席表   

※グループチケットは、まとめて2席以上購入の方が対象(1席あたりの料金)
※定期会員は、一般S・A各500円の割引となります
※会員先行発売、会員割引、ユースチケット、グループチケットの取り扱いはN響ガイドのみとなります

主催:NHK / NHK交響楽団

 

助成:芸術文化振興基金 / 一般社団法人 私的録音補償金管理協会(sarah) / 公益財団法人 三菱UFJ信託芸術文化財団

 

協賛:株式会社東芝

 

※曲目・出演者・曲順等の変更の場合があります。あらかじめご了承ください。

※未就学児のご入場はお断りしています。

コンサート

このコンサートの放送予定