NHK交響楽団
NHK Symphony Orchestra, Tokyo

 

活動報告

2016年11月21日

NHK音楽祭2016

 

2003年から開催され、今年で14回目を迎える「NHK音楽祭」。

NHK交響楽団は毎年参加していますが、今年も10月31日にトゥガン・ソヒエフの指揮によりコンサートが行われました。

ソヒエフは1977年、北オセチア共和国(ロシア連邦)のウラジカフカスに生まれ、イリヤ・ムーシンやユーリ・テミルカーノフといった名匠たちに師事。ロシアのボリショイ劇場やフランスのトゥールーズ・キャピトル劇場管弦楽団、ドイツのベルリン・ドイツ交響楽団ほか、多くの歌劇場やオーケストラを指揮しています。N響とは2008年以来共演を重ね、2016年1月にも客演を果たしたばかり。両者のコンビネーションから生まれる音楽には大きな期待が寄せられたといえるでしょう。

前半はハイドン《交響曲第104番「ロンドン」》で幕を開け、力強く堂々としていながらも軽快さを忘れない演奏で聴衆を惹(ひ)きつけました。

2曲目に演奏されたのは、今年(2016年)が没後20年にあたる武満徹《マイ・ウェイ・オヴ・ライフ―マイケル・ヴァイナーの追憶に》。バリトン独唱にイギリスの歌手であるギャリー・マギー、合唱に東京混声合唱団を迎え、武満作品の中でも際立ってロマンティックな響きと旋律が紡がれていきます。演奏されること自体が珍しい作品であり、聴衆は貴重な機会を得たといえるでしょう。

後半に演奏されたのは、ブラームスの《交響曲第2番》。前半のハイドン同様、開放的な雰囲気を演出するニ長調の響きが心地よく、この交響曲に内包されている叙情的な美も全曲で表出された演奏でした。

 

NHK音楽祭2016

 

指揮を執ったトゥガン・ソヒエフ

指揮を執ったトゥガン・ソヒエフ

ソロを務めたバリトンのギャリー・マギー

ソロを務めたバリトンのギャリー・マギー

合唱の東京混声合唱団

合唱の東京混声合唱団


ブラームス《交響曲 第2番 ニ長調》(2016年10月31日:NHKホール)

ブラームス《交響曲 第2番 ニ長調》(2016年10月31日:NHKホール)

 

 

N響について

新着記事

全て表示 全て表示

カテゴリー

アーカイブ